埼玉大学工学部 環境社会デザイン学科

学部生・院生情報

  • トップページ
  • 学部生・院生情報
  • 学習・教育到達目標と達成度の評価について(2018年度入学生)

学習・教育到達目標と達成度の評価について(2018年度入学生)

下記の内容及び自己チェックシートを含むPDFはこちら
万が一紛失した場合はこちらを各自で印刷してください。

はじめに

環境社会デザイン学科(旧建設工学科・以下環境社会デザイン学科と称す)では、2002(平成14)年度に現行の教育目的と教育目標4項目を定め、2003(平成15)年度には、4項目を細分化して8項目とした学習・教育目標(箇条書き)を示すとともに、各学習・教育目標の達成度評価方法と評価基準を学科のウエブページに公開した。また、環境社会デザイン学科は、国際的に通用する技術者教育を目指し、2003(平成15)年度に日本技術者教育認定機構(Japan Accreditation Board for Engineering Education:JABEE)に申請を行い、2004(平成16)年5月にJABEE認定基準に適合した技術者教育プログラムとして認定された。これによって、2003(平成15)年度から環境社会デザイン学科の卒業生はJABEE認定プログラム修了生として、国内外において認知されるとともに、技術士第一次試験免除の特典を与えられることになった。

一方、JABEEでは教育の継続的な改善を求めており、認定に際して、学習・教育目標のより一層の具体化、修了生全員の学習・教育目標達成を確実に保証できる仕組みの確保と設定通りの達成度評価の実施、シラバスの充実化とシラバス通りの教育の実施、学生自身が目標達成度を確認できるシステムの構築などの改善事項が指摘された。これに対し、環境社会デザイン学科ではより充実した教育を目指し、さまざまな改善を継続的に図ってきた。さらに、JABEEの認定基準が2012年度に改定され、従来「学習・教育目標」と称していた文言が「学習・教育到達目標」と改められ、「修了生が確実に身につけておくべき知識・能力」を明確に示す事になった。本冊子においても、この方針を踏襲する記述とした。

以下、環境社会デザイン学科の学習・教育到達目標(箇条書き)、学習・教育到達目標とJABEEが要求する知識・能力等との関係、学習・教育到達目標の達成度評価方法と評価基準、及び環境社会デザイン学科における「学習・教育到達目標」の達成度自己チェックシートを示す。達成度の評価基準は、社会の要請する水準を考慮し、かつ学生が学習・教育到達目標を意識して履修し、工学部規程に定める卒業要件を満足すれば、学習・教育到達目標の達成度評価基準をクリアできるように設定してある。

(20180326更新)

JABEE認定と専門教育プログラムの変遷

2002(平成14)年
専門教育カリキュラムを大幅に改定
2003(平成15)年
JABEE認定プログラムへの申請
※ 認定審査[2003~2004年度(2年間)認定]
JABEE基準適合プログラムとして認定される
2005(平成17)年
新しい教養教育プログラムの開始
学習・教育目標をより具体的に細分化
学習・教育目標達成度の評価方法と評価基準を改訂
※ 中間審査[2005~2007年度(3年間)認定]
2006(平成18)年
JABEE認定基準の改定(2006年基準)
専門教育カリキュラムの一部を改定
学習・教育目標達成の評価対象科目を一部変更
2007(平成19)年
専門科目名を一部変更
2008(平成20)年
JABEE認定基準の改定(2008年基準)
※ 認定審査[2008~2013年度(6年間)認定]
2009(平成21)年
専門科目一科目を必修化
学習・教育目標達成度の評価対象科目を一部変更
2011(平成23)年
専門科目名を一部変更
2012(平成24)年
JABEE認定基準の改定(2012年基準)
育成する技術者像を明記
学習・教育目標達成度の評価対象科目を一部変更
2014(平成26)年
専門教育カリキュラムを一部改定
※ 認定審査[2014~2019年度(6年間)認定]
2015(平成27)年
専門教育カリキュラムを一部改定
2016(平成28)年
カリキュラムの変更に伴う学習・教育目標達成度の評価方法と評価基準を改定
2017(平成29)年
専門教育カリキュラムを一部改定
2018(平成30)年
建設工学科から環境社会デザイン学科へ改組,教育カリキュラムを一部改訂

工学部の教育研究上の目的(工学部規程より抜粋)

工学部においては、持続可能社会の実現・革新的技術の創生への強い意欲、高い職業倫理観を有し、工学に関する基礎知識、専門分野に関する基礎・専門知識に加えて、人文・社会に係る基盤的素養、理工系全体を俯瞰する視点、地域から日本・世界に跨る多角的視点を備え、それらを総合して社会的課題を工学の立場から異分野協働で解決し社会実装できる実践力に富んだ技術系人材の育成を教育研究上の目的とする。(第3条1項)

環境社会デザイン学科の教育研究上の目的(工学部規程より抜粋)

環境社会デザイン学科は、建設・環境系技術者にとって必須の理工系基礎科目、環境問題をはじめとする現代的課題に直結した基盤的素養科目、社会・地域の視点に立った実践的科目を修得させ、建設・環境系技術者としての基礎を身に付けさせるとともに、「地盤・地圏」、「構造・材料」、「地震・防災」、「水理・環境」、「交通・計画」を中核とする学科専門科目、および、社会基盤整備のための一連のプロセスを包括的に理解させるための環境社会デザイン関連科目を修得した人材を育成することを目的とする。(第3条2項(5))

環境社会デザイン学科の教育目的(履修案内,学科別履修指導要項より抜粋)

多様化・複雑化・グローバル化する社会において、地球環境の維持、発展的な国土形成、自然災害への対策、安全・安心・快適な生活基盤の創出を、相互のバランスに配慮しつつ実現することは、重要な社会的課題である。本学科は、このような「環境」と調和した持続可能な「社会」の発展に、主に建設工学、環境工学の分野から貢献できる建設系技術者、すなわち、建設・環境工学に関する十分な専門知識・能力を備えるとともに、科学的分析に基づく社会デザイン・地域デザインの能力に長け、異分野協働で社会実装に取り組める、リーダーシップを兼ね備えた技術者を育成することを目的とする。この目的達成のため、本学科のカリキュラムは、社会基盤工学(土木工学)、環境工学を主体とした専門科目に加え、建築学、さらには、社会デザインに関わる知識・能力を学ぶイノベーション科目で構成されている。

環境社会デザイン学科の学習・教育目標(箇条書き)

(1)工学および専門基礎知識の修得
(1-1) 工学基礎知識を修得し、応用できる素養を身に付ける
(1-1-1) 数学の基礎知識を修得し、応用できる素養を身につける
(1-1-2) 自然科学の基礎知識を修得し、応用できる素養を身につける
(1-1-3) 情報技術の基礎知識を修得し、応用できる素養を身に付ける
(1-2) 専門基礎知識を修得し、応用できる素養を身に付ける
(1-2-1) 地盤・地震工学の基礎知識を修得し、応用できる素養を身につける
(1-2-2) 力学一般および構造・材料工学の基礎知識を修得し、応用できる素養を身につける
(1-2-3) 水理・環境学の基礎知識を修得し、応用できる素養を身につける
(1-2-4) 計画学の基礎知識を修得し、応用できる素養を身につける
(2)問題発見・解決能力の育成
(2-1) 自ら課題を見出し、計画的に取り組み、解決する能力を育む
(2-1-1) 自ら課題を見出し、その解決に取り組むためのデザイン能力を育む
(2-1-2) 課題に計画的に取り組み、解決する能力を育む
(2-2) 自主的、継続的に学習できる能力を育む
(2-3) 日本語による論理的な記述力、発表および討議などのコミュニケーション能力を育む
(3)社会性の養成
(3-1) 社会に対する深い理解と技術者倫理の素養を身に付ける
(3-2) 共同して課題に取り組み、対応する能力を育む
(4)国際的視野の涵養
(4-1) 英語でのコミュニケーション能力の素養を身に付ける
(4-2) 諸外国に関する理解を増進し、多面的に物事を考える能力と国際的に活躍できる素養を身に付ける

表-1 2012基準対応 学習・教育目標とJABEE基準1の(2)との対応

学習・教育到達目標の達成度評価方法と評価基準(2018年度版)

環境社会デザイン学科では、学習・教育目標を社会が要求する水準を保持して達成できるように、カリキュラムを構築し、工学部規程に卒業要件を定めている。しかしながら、その卒業要件は総括的に定めたもので、それを学習・教育目標ごとの要件の形では示していない。そのため、環境社会デザイン学科では、学習・教育目標の達成度評価方法と評価基準を上述の規程とは別に2003年度に設定した。本2018年度版は、その後の学習・教育目標の細分化やカリキュラム改正に伴って、それを改訂したもので、学習・教育到達目標達成度の評価方法と評価基準(2018年度版)は表-2に示すとおりである。

これは、2003年度版と同様に、学習・教育目標ごとに達成度評価対象科目群を定め、その修得状況により達成度を評価するものである。たとえば、「(1-1)工学基礎知識を修得し、応用できる素養を身に付ける」という目標については、細目(1-1-1)、(1-1-2)、(1-1-3)ごとに、評価対象科目群として数学系、自然科学系、情報技術系科目群を定め、それぞれの科目群の中から4科目以上、4科目以上、1科目以上の単位を取得し、かつ(1-1)工学基礎知識科目群を含めて全体として20単位以上取得したとき、社会の要求する水準以上での目標達成と判定する。各科目の評価はそれぞれのシラバスに記載した方法と基準によって行われる。

なお、JABEEではエンジニアリング系学士課程プログラムにおける必須事項として、「教育課程(カリキュラム)は、4 年間にわたる学習・教育で構成され、当該分野にふさわしい数学、自然科学および科学技術に関する内容が全体の60%以上であること」(日本技術者教育認定基準 個別基準,付表1-1・ただしこの基準は2018年度まで,それ以降廃止決定)としている.環境社会デザイン学科においては「当該分野にふさわしい数学、自然科学および科学技術に関する内容」として,履修案内別表3環境社会デザイン学科のD1~D6群(D4群のうち建築系を除く)の科目が該当している.なお,本学科では卒業に必要な専門科目の単位数106のうち上記に該当しない科目を最大25単位(D4群建築系,工学部他学科ならびに理学部科目)を見込んでも65%(81/124・124は卒業に必要な総単位数)となる.

※注)2011年度より,学習・教育目標の番号付けを変更した。また,2016年度より(1−1−2)とその部分の必要単位数を変更した.

表-2 2012基準対応 学習・教育到達目標の達成度評価方法と評価基準(その1)