大学院情報 学部情報

環境社会基盤国際連携大学院プログラム

(独立行政法人 日本学生支援機構 留学生交流支援制度)H26年度版はこちら

概要

建設工学科(環境社会基盤国際コース)では毎年、諸外国の大学との交流・連携を深めておりますが、今年度も日本学生支援機構が運営する留学生交流支援制度(短期受入れ短期派遣)に採択されました。

本プログラムは、学術協定を締結し多くの交流実績のある、タイのタマサート大学、スリランカのペラデニヤ大学・ルフナ大学・モラトゥワ大学、ベトナムのベトナム国立建設大学、バングラデシュのバングラデシュ工科大学と連携し、日本人学生の短期間派遣、及び連携大学の学生の短期間受入れを通して、国際的に通用する高度技術者および研究者を育てようとするものです。

派遣プログラム

H28年度は、専攻学生を以下の国に派遣予定です。

タマサート大学(タイ)

募集要項

実施レポート

ベトナム国立建設大学(ベトナム)

募集要項

実施レポート

受け入れプログラム

H28年度は、以下の国より留学生を受け入れる予定です。

ベトナム国立建設大学(ベトナム)

実施レポート

ルフナ大学(スリランカ)

実施レポート

ペラデニヤ大学(スリランカ)

(受け入れなし)

モラトゥワ大学(スリランカ)
バングラデシュ工科大学(バングラデシュ)

実施レポート