学部情報

2012年度入学者

はじめに

建設工学科では、2002(平成14)年度に現行の教育目的と教育目標4項目を定め、2003(平成15)年度には、4項目を細分化して8項目とした学習・教育目標(箇条書き)を示すとともに、各学習・教育目標の達成度評価方法と評価基準を学科のウエブページに公開した。また、建設工学科は、国際的に通用する技術者教育を目指し、2003(平成15)年度に日本技術者教育認定機構(Japan Accreditation Board for Engineering Education:JABEE)に申請を行い、2004(平成16)年5月にJABEE認定基準に適合した技術者教育プログラムとして認定された。これによって、2003(平成15)年度から建設工学科の卒業生はJABEE認定プログラム修了生として、国内外において認知されるとともに、技術士第一次試験免除の特典を与えられることになった。

一方、JABEEでは教育の継続的な改善を求めており、認定に際して、学習・教育目標のより一層の具体化、修了生全員の学習・教育目標達成を確実に保証できる仕組みの確保と設定通りの達成度評価の実施、シラバスの充実化とシラバス通りの教育の実施、学生自身が目標達成度を確認できるシステムの構築などの改善事項が指摘された。これに対し、建設工学科ではより充実した教育を目指し、さまざまな改善を図ってきたが、その一環として、2005(平成17)年度より学習・教育目標をより具体的に細分化するとともに、学習・教育目標達成度の評価方法と評価基準を改訂し、2005(平成17)年度入学生から適用することとした。これは、2005(平成17)年度より新しい教養教育がスタートしたことによる改訂でもある。さらに、2006(平成18)年度には、専門教育カリキュラムの一部を改正したのに伴い、学習・教育目標達成の評価対象科目を一部変更し、2007(平成19)年度には科目名を一部変更した。更に2009(平成21)年度からは、2008(平成20)年度のJABEE認定基準変更に伴い、一科目を必修化するとともに、学習・教育目標達成の評価対象科目を一部変更した。

以下、建設工学科の学習・教育目標(箇条書き)、学習・教育目標とJABEEが要求する知識・能力等との関係、学習・教育目標達成度の評価方法と評価基準(2006年度版)、及び建設工学科「学習・教育目標」達成度自己チェックシートを示す。達成度の評価基準は、社会の要請する水準を考慮し、かつ学生が学習・教育目標を意識して普通に履修すれば、達成できるように設定してある。特に、2006年度版が適用される入学生の場合は、工学部履修規程に定める卒業要件を満足すれば、学習・教育目標達成度評価基準をすべてクリアするように改めた。

建設工学科の学習・教育目標(箇条書き)

(1)工学および専門基礎知識の修得
(1-1) 工学基礎知識を修得し、応用できる素養を身に付ける
(1-1-1) 数学の基礎知識を修得し、応用できる素養を身につける
(1-1-2) 物理学あるいは化学の基礎知識を修得し、応用できる素養を身につける
(1-1-3) 情報技術の基礎知識を修得し、応用できる素養を身に付ける
(1-2) 専門基礎知識を修得し、応用できる素養を身に付ける
(1-2-1) 地盤・地震工学の基礎知識を修得し、応用できる素養を身につける
(1-2-2) 力学一般および構造・材料工学の基礎知識を修得し、応用できる素養を身につける
(1-2-3) 水理・環境学の基礎知識を修得し、応用できる素養を身につける
(1-2-4) 計画学の基礎知識を修得し、応用できる素養を身につける
(2)問題発見・解決能力の育成
(2-1) 自ら課題を見出し、計画的に取り組み、解決する能力を育む
(2-1-1) 自ら課題を見出し、その解決に取り組むためのデザイン能力を育む
(2-1-2) 課題に計画的に取り組み、解決する能力を育む
(2-2) 自主的、継続的に学習できる能力を育む
(2-3) 日本語による論理的な記述力、発表および討議などのコミュニケーション能力を育む
(3)社会性の養成
(3-1) 社会に対する深い理解と技術者倫理の素養を身に付ける
(4)国際的視野の涵養
(4-1) 英語でのコミュニケーション能力の素養を身に付ける
(4-2) 諸外国に関する理解を増進し、多面的に物事を考える能力と国際的に活躍できる素養を身に付ける

表1 学習・教育目標とJABEE基準1の(1)との対応

学習・教育目標〔(1-1)~(4-2)〕が基準1の(1)の知識・能力〔(a)~(h)〕を主体的に含んでいる場合◎印、付随的に含んでいる場合○印

基準1の(1)の知識・能力 (a) (b) (c) (d) (e) (f) (g) (h)
学習・教育目標 (1) (2) (3) (4) (5) (6) (7)
(1-1-1)                        
(1-1-2)                        
(1-1-3)                          
(1-2-1)                    
(1-2-2)                    
(1-2-3)                  
(1-2-4)                  
(2-1-1)                        
(2-1-2)                    
(2-2)                        
(2-3)                        
(3-1)                        
(4-1)                          
(4-2)                          
基準1の知識・能力
(a) 地球的視点から多面的に物事を考える能力とその素養
(b) 技術が社会や自然に及ぼす影響や効果、および技術者が社会に対して負っている責任に関する理解(技術者倫理)
(c) 数学,自然科学および情報技術に関する知識とそれらを応用できる能力
(d) 該当する分野の専門技術に関する知識とそれらを問題解決に応用できる能力
(e) 種々の科学、技術および情報を利用して社会の要求を解決するためのデザイン能力
(f) 日本語による論理的な記述力,口頭発表力,討議等のコミュニケーション能力および国際的に通用するコミュニケーション基礎能力
(g) 自主的,継続的に学習できる能力
(h) 与えられた制約の下で計画的に仕事を進め,まとめる能力
分野別要件
(d)の知識・能力
(1) 応用数学
(2) 自然科学(物理、化学、生物、地学のうち少なくとも1つ)の基礎
(3) 土木工学の主要分野(土木材料・施工・建設マネジメント/構造工学・地震工学・維持管理工学/地盤工学/水工学/土木計画学・交通工学/土木環境システム)のうち、最低3分野
(4) 土木工学の主要分野のうちの1分野以上において、実験を計画・遂行し、結果を正確に解析し、工学的に考察し、かつ説明する能力
(5) 土木工学の主要分野のうちの1分野以上の演習を通して、自己学習の習慣、創造する能力、および問題を解決する能力
(6) 土木工学の専門分野を総合する科目の履修により、土木工学の専門的な知識、技術を総動員して課題を探求し、組み立て、解決する能力
(7) 土木に関連する専門的職業における実務上の問題点と課題を理解し、適切に対応する基礎的能力

学習・教育目標達成度の評価方法と評価基準(2006年度版)

建設工学科では、学習・教育目標を社会が要求する水準を保持して達成できるように、カリキュラムを構築し、工学部履修規程に卒業要件を定めている。しかしながら、その卒業要件は総括的に定めたもので、それを学習・教育目標ごとの要件の形では示していない。そのため、建設工学科では、学習・教育目標の達成度評価方法と評価基準を履修規程とは別に2003年度に設定した。本2006年度版は、その後の学習・教育目標の細分化やカリキュラム改正に伴って、それを改訂したもので、学習・教育目標達成度の評価方法と評価基準(2006年度版)は表2に示すとおりである。

これは、2003年度版と同様に、学習・教育目標ごとに達成度評価対象科目群を定め、その修得状況により達成度を評価するものである。たとえば、「(1-1)工学基礎知識を修得し、応用できる素養を身に付ける」という目標については、細目(1-1-1)、(1-1-2)、(1-1-3)ごとに、評価対象科目群として数学系、物理・化学系、情報技術系科目群を定め、それぞれの科目群の中から4科目以上、2科目以上、1科目以上の単位を取得し、かつ(1-1)全体として工学基礎系科目群を含めて18単位以上取得したとき、社会の要求する水準以上での目標達成と判定する。各科目の評価はそれぞれのシラバスに記載した方法と基準によって行われる。

なお、JABEEでは、人文科学、社会科学等(語学教育を含む)の学習250 時間以上、数学、自然科学、情報技術の学習250 時間以上、および専門分野の学習900 時間以上を含んで1800時間以上の学習保証時間(教員等の教授・指導のもとに行った学習時間)を要求している。これと関連して、建設工学科では「テーマ研究Ⅲ」で160時間以上、「卒業研究」で320時間以上の学習保証時間を確保することをそれぞれの単位修得の条件としている。

※注)2011年度より,学習・教育目標の番号付けを変更した。