大学院情報

環境社会基盤国際コースの教育目的・目標

1.教育目的

環境社会基盤国際専攻においては、建設工学に関わる国際性を有した高度専門技術者もしくは独創性の高い研究者に成長するために必要な知識と能力とを有した人材の育成を教育目的とする.

ここに,高度専門技術者とは,専門知識をベースとして,社会の要求する問題に対し,解決のためのアプローチを自ら見出し,データ収集・分析を行い,その結果を論理的に文書・口頭でプレゼンテーションできる能力を身に付け,組織内外の多様な関係者とコミュニケーションを取りつつプロジェクトを遂行できる人材を意味する.

2.教育目標

  1. 建設工学に関する最新かつ高度な専門知識を有する人材を育成する.
  2. 課題探求能力および問題解決能力を有する人材を育成する.
  3. 課題に対するアプローチを自ら見出し解決するために必要な独創性を有する人材を育成する.
  4. 技術者もしくは研究者としての社会的責任を自覚し,使命を果すために必要な社会性を有する人材を育成する.
  5. 諸外国に関する正しい認識をもち,国際的に活躍できる能力を有する人材を育成する.
  6. 多様な関係者とコミュニケーションを取りつつ,プロジェクトを遂行できる能力を有する人材を育成する.
  7. 解析・実験結果等を論理的かつ正しく第3者に伝えるために必要な文書および口頭でのプレゼンテーション能力を有する人材を育成する.