学部情報

建設工学科とは

建設工学は、地球上の自然環境を理解し、また人間社会の要請を踏まえて、道路、橋、港、ダム、河川など、文明生活を支える基盤施設を建設し整備するために必要な学問・技術の体系です。

現代社会が直面している環境問題や都市問題などさまざまな課題を解決しながら社会基盤施設を充実させていくために、調査計画から解析設計、建設施工、維持管理に至るまでを系統的に考えることができる総合的な視野を持つ建設技術者が求められています。

埼玉大学工学部建設工学科は、土木工学の体系に地球科学の領域を加え、さらに環境工学の分野を充実させた組織構成をとり、次世代を担う国際的に活躍できる高度技術者の育成を目指すとともに、研究活動を通した社会貢献を行っています。