建築教育担当

建築とは人々の暮らしと密接に結びついた極めて社会的な存在であります。しかも対象とする領域は人間社会に留まらず自然環境や工学・理学的な知識に裏打ちされた技術へと広がります。

建築教育では「建築とは人の暮らしの場づくり」という観点から建築学の幅広い領域を概観し、建築の全体像を理解できるようにすることを目標としています。

具体的には、建築計画への概括的なアプローチを示す「建築学概論」、建築設備計画の基礎となる「建設環境工学」、「建設環境設備」、建築実務に関連した「建築法規・建築行政」、「建築生産」、建築計画設計プロセスを演習を通して習得する「設計製図Ⅰ」、「設計製図Ⅱ」、人と建築が集積した都市を対象とした諸問題を考える「地域・都市計画」「建築と都市」、「都市建築防災計画」の講座で構成されています。