埼玉大学工学部 環境社会デザイン学科

学びたい方へ

卒業研究・修士論文優秀者表彰

昨年度以前の表彰者はこちら

学位記授与式において、2017年度 卒業研究・修士論文優秀者表彰を行いました(カッコ内は研究グループ名)。


学科長・指導教員との集合写真 (2018.3.27)

卒業研究優秀者

櫛谷 拓馬(構造・材料):耐疲労鋼材を用いた道路橋伸縮装置の合理化に関する研究

杉本 聡(水理・環境):氾濫状況のリアルタイム把握に向けた浸水情報収集デバイスの開発

後藤 真太郎(構造・材料):ケーブルが破断した斜張橋およびエクストラドーズド橋の力学的性状と崩壊の危険性

伏見 健吾(水理・環境):荒川流域における降雨分布や堤防破壊条件の相違による潜在的氾濫リスクの解明

髙橋 恭平(地盤・地圏):数値標高モデルを用いた再整形岩盤斜面の安定解析に関する基礎研究

及川 幸広(交通・計画):一体的経路案内を利用したコミュニティサイクルと鉄道の組合せ交通に関する研究

修士論文優秀者

中村 圭佑(構造・材料):高減衰ゴム支承を用いた免震橋梁の低温下における耐震性能の検討

德田 裕美(構造・材料):破断・損傷したPC鋼材を有するPC梁の曲げ性状に関する研究

MOHD SAUFI BIN MOHD REDZUAN(地盤・地圏):Gas Transport Parameters and Thermal Properties for Permeable Pavement Subbase Utilizing Construction Demolition Waste and Industrial Waste

NGUYEN THI MAI(構造・材料):SAFETY PERFORMANCE EVALUATION OF CABLE-STAYED BRIDGES UNDER VARIOUS CALBE LOSS SCENARIOS