工学部 環境社会デザイン学科

学びたい方へ

学科長からのメッセージ

埼玉大学 環境社会デザイン学科長

受験を検討している皆さんへ

2018年4月、埼玉大学工学部建設工学科は、環境共生学科の一部とともに、「環境社会デザイン学科」として新たにスタートし、みなさんを迎えます。
環境社会デザイン学科という学科名には、環境に配慮した未来へと続く社会を創出する人材を育成したいという気持ちが込められています。
環境社会デザイン学科ではどんなことを学ぶのか、簡単に説明します。

主として学ぶのは社会基盤工学(土木工学)です。

環境社会デザイン学科では、社会基盤工学、あるいは土木工学という、社会基盤を整備するための勉強や研究を主に行います。社会基盤(インフラストラクチャ)とは、上下水道、道路、橋、空港・港湾、堤防・ダム、電力設備、都市など、私たちの文化的な生活を支えるために無くてはならないものです。これまでは量的な充実が一生懸命行われてきましたが、社会の成熟や少子高齢化などの社会情勢の変化もあり、これからは環境にも十分に配慮した質の高い社会基盤の計画・設計・建設・維持管理を担える人材が一層必要とされています.卒業生には、社会基盤の整備主体となる役所や鉄道・高速道路・電力などの公益企業、計画・設計の実務を担うコンサルタント、実際のもの造りを担う建設会社など、幅広い分野での活躍が期待されます。

建築学も勉強できます。

環境社会デザイン学科では、ビルなどの建築物を対象とする建築学の分野の勉強を行うこともできます。建築物も社会基盤の一つと言えますし、安全なビルを建設するのも、安全な橋を建設するのも、基本となる学問は同じです。ただし、建築学の芸術的な部分は、時間の制約もあるため、我々の学科では十分に教育できません。芸術的な素養を伸ばしたいと考えているのであれば、芸術的な要素の強い大学や専門学校での勉強をお勧めします。

環境工学を強化します。

環境社会デザイン学科は、これまで環境共生学科で扱ってきた環境工学の分野を取り入れます。
社会基盤の整備を考えるとき、環境への配慮や環境との調和は必要不可欠ですので、これまでの建設工学科でも環境工学分野の講義や研究はありましたが、新たな学科では、土木工学・建築学の分野に近い環境共生学科の先生方と合流することで、それらをさらに強化します。

最後に、「環境社会デザイン学科」という学科名の話に戻ります。
「環境社会」とは、「環境」と調和した持続可能な「社会」を表しています.これは、国連が2030年までの実現を目指して掲げた「持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals, SDGs)」にもあるように、世界共通の目標です。
その目標に向けて、主に社会基盤工学、建築学、環境工学の分野から貢献しようというのが我々の立ち位置です。
さらに、その実現のためには、社会基盤工学などの自然科学・工学的な専門知識に加え、人文社会科学も含む幅広い知識を集約した上で、単に理想を追うのではなく、現実的な答えを見つけ出す「エンジニアリング・デザイン」が必要となります。
専門的な知識や能力を有しつつ、広い視野で物事を捉え、新たな社会を創り出せる技術者を育てたい、という思いを「デザイン」に込めています。
みなさんとともに、新たなスタートを切ることを楽しみにしています。

埼玉大学 環境社会デザイン学科長 松本泰尚